訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

有馬直純

日向延岡藩主[日本]

(寛永18年6月3日没)

1641年 7月10日 死去享年56歳

有馬 直純(ありま なおずみ)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての大名。
晴信系肥前有馬氏2代。
生涯 天正14年(1586年)、有馬晴信の嫡男として肥前国日野江城に生まれる。
父同様、キリシタンであり、洗礼名はミゲル。
慶長5年(1600年)、15歳から親元を離れ、駿府城で徳川家康に側近として仕える。
慶長15年(1610年)、キリシタンであった妻・マルタ(小西行長の姪)を離縁し、家康の養女・国姫(桑名藩藩主・本多忠政の娘)を正室として娶った。
慶長17年(1612年)、父・晴信は岡本大八事件の責任を問われて(直純は早期の家督継承と、妻・国姫の意向を受けてキリシタンとの縁を切るべく、父を処断するように幕臣へ訴えたともされる)、改易のうえ死罪となったが、直純は家康との縁が深かったために連座を免れ、父の所領を受け継いで肥前日野江藩主となった。

「有馬直純」と関連する人物(故人)