芸能人・経営者のおくやみ情報

荒木寅三郎

医学者、京都帝国大学総長、学習院長、枢密顧問官[日本]

1942年 1月28日 死去享年77歳

荒木寅三郎 - ウィキペディアより引用

荒木 寅三郎(あらき とらさぶろう 1866年11月23日(慶応2年10月17日 (旧暦) 10月17日)-1942年1月28日)は日本の医学者。
京都帝国大学総長、学習院長や枢密顧問官を歴任する。

1866年(慶応2)に上野国碓氷郡板鼻宿(現在の群馬県安中市)に、儒医の次男として生まれた。
11歳の時に東京に遊学し、萩原塾に学ぶ。

1882年(明治15)東京大学 東京帝国大学医科大学別課医学科に入学。

1887年(明治20)同課を卒業後、郷里で医師として家業を継ぐ。
その後1888年(明治21)に上京し、東京帝国大学医科大学生理学教室の大沢謙二教授のもとに入門。
1889年(明治22)4月、ストラスブール大学 シュトラースブルク大学へ留学。
ホッペ・ザイラー教授に師事し、生化学を学ぶ。
1896年(明治29)1月、第三高等学校 (旧制) 第三高等学校医学部の生理学・衛生学教授となる。
1899年(明治32)9月、京都帝国大学医科大学医化学講座担当教授となる。
1903年(明治36)には京都帝国大学医科大学長となり、1915年(大正4)4月に、京都帝国大学で初めて公選により総長に就任。
京都帝国大学総長在任中の1919年(大正8)には帝国学士院会員に選定される。
総長辞任後の1929年(昭和4)に京都帝国大学名誉教授となり、同年10月には学校法人学習院 学習院長に任命される。
1937年(昭和12)4月に枢密顧問官に親任される。
1942年(昭和17)1月28日狭心症のため急逝。
享年77。