芸能人・経営者のおくやみ情報

麻生久

政治家、労働運動家[日本]

1940年 9月6日 死去心臓麻痺享年49歳

麻生久 - ウィキペディアより引用

麻生 久(あそう ひさし、1891年5月24日 - 1940年9月6日)は、昭和期の政治家・労働運動家。
戦前の無産政党・社会大衆党の党首を務めた。
来歴・人物 大分県玖珠郡東飯田村(現・九重町)生まれ。
旧制大分中学校(現・大分県立大分上野丘高等学校)、第三高等学校を経て、1913年東京帝国大学仏法科に入学。
学生時代はトルストイ、ツルゲーネフなどロシア文学に熱中し、これがロシア革命に関心を寄せる契機となった。
また女性関係も派手であったといわれている。
東大卒業後の1917年、東京日日新聞(現・毎日新聞)に入社。
翌1918年には東日紙上に「ピーターからレーニンまで」を連載しロシア革命を支持した。
また同年には吉野作造らとともに大正デモクラシーの啓蒙組織である「黎明会」を立ち上げ、新渡戸稲造・大山郁夫・小泉信三・与謝野晶子ら錚々たる知識人・文化人を参加させた。
また東大新人会にも先輩グループとして参加している。
1919年友愛会に入り、東大時代の同期生で元司法官試補の棚橋小虎とともに、協調主義的傾向の強かった友愛会を急進的・戦闘的な組織に改革していった。