芸能人・経営者のおくやみ情報

南部利義

陸奥盛岡藩主[日本]

1888年 8月21日 死去享年66歳

南部利義 - ウィキペディアより引用

南部 利義(なんぶ としとも、文政6年12月12日 (旧暦) 12月12日(1824年1月12日) - 明治21年(1888年)8月21日)は、陸奥国盛岡藩の13代藩主。
12代盛岡藩主南部利済の長男。
幼名は達次郎。
通称は鋌丸。
諱は謹保、信侯、利道、利義。
なお、藩主時代は『信侯』、『利道』であり、隠居後に利義と改名。

母は楢山隆翼の娘。
官位は四品、正四位、甲斐国 甲斐守。
正室は11代藩主南部利用 (大膳大夫) 南部利用(大膳大夫)の娘(井伊直亮の養女)。

傳役は安宅中務、花輪栄、戸沢駿河、横沢兵庫が担当。
天保6年(1835年)に四品に叙任される。

弘化4年(1847年)、三閉伊一揆により父の隠居により13代藩主に就任したが、世子時代に父の奢りを戒めて以降、仲が悪く、嘉永2年6月(1849年)に父の要求により弟・南部利剛に家督を譲り11月に隠居した。
この廃位に反対した東堂一堂一派は処分され、利済の院政がしばらく行われる。
さらに利済の重臣である田鎖左膳は利義毒殺を画策するも、これについては失敗する。
ちなみに嘉永2年10月に利道と改名。