芸能人・経営者のおくやみ情報

南部利雄

陸奥盛岡藩主[日本]

(安永8年12月5日没)

1780年 1月11日 死去享年55歳

南部利雄 - ウィキペディアより引用

南部 利雄(なんぶ としかつ)は、陸奥国 陸奥盛岡藩の第8代藩主。
従四位下、大膳大夫。

享保9年(1724年)(享保10年(1725年)とも)、第6代藩主・南部利幹の長男として生まれる。
従兄弟の7代藩主南部利視から、宝暦2年(1752年)に家督を継いで藩主となった。
安永8年(1779年)に死去。

長男の利謹がいたが、安永3年(1774年)に乱心のために廃嫡とし、後を養子で旗本の南部利正(7代藩主利視の六男)が継いだ。
結果として南部信恩系と南部利幹系から交互に藩主輩出となる。

宝暦5年頃の利雄の主要家臣は下のとおり
【家老など】
北民部、東彦七郎、奥瀬内記、南美濃、桂源五左衛門
【用人】
吉田友右衛門(城使兼務)、漆戸主膳、河野兵左衛門、織笠庄助、吉田矢左衛門(城使兼務)、三ケ尻弥兵衛、山本郷助、村松喜太夫、米田四郎兵衛、三上多兵衛