訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

南部利直

戦国大名、陸奥盛岡藩主[日本]

(寛永9年8月18日没)

1632年 10月1日 死去享年57歳

南部利直 - ウィキペディアより引用
南部 利直(なんぶ としなお)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての大名。
南部氏第27代当主。
陸奥盛岡藩の初代藩主。
生涯 天正4年(1576年)、第26代当主・南部信直の長男として三戸の田子城にて生まれる。
天正18年(1590年)、前田利家を烏帽子親として元服し、その偏諱(「利」の1字)を受けて利直と名乗る。
文禄4年(1595年)に従五位下・信濃守に叙任。
慶長3年(1598年)8月18日に豊臣秀吉が死去した後は父とともに五大老筆頭の徳川家康に近づいた。
慶長4年(1599年)、父が死去したため、家督を継いで南部家の第27代当主となった。
慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いにおいて、東軍の家康は東北・北陸の大名に対し西軍の石田三成に通じた会津上杉景勝の征伐を命じ、利直は最上義光の後援として山形に出陣するが(慶長出羽合戦)、領土拡大を密かに謀った伊達政宗が和賀忠親を煽動して和賀郡や稗貫郡で一揆を起こしたため、帰国を許されて慶長6年(1601年)までに一揆を鎮圧した(岩崎一揆)。
題名
清心尼
著者
松田十刻
発売元
発売日
2017-07-23
新品価格
より
中古商品
より

↑ PAGE TOP