訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

南部晴政

戦国大名[日本]

(天正10年1月4日没)

(ユリウス暦) 1582年 1月27日 死去享年66歳

南部晴政 - ウィキペディアより引用
南部 晴政(なんぶ はるまさ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。
陸奥の戦国大名。
本姓は源氏。
家系は清和源氏の一家系、河内源氏の傍系、甲斐源氏の流れを汲む。
南部氏第24代当主。
生涯 家督相続 永正14年(1517年)、第23代当主・南部安信の嫡男として生まれる。
将軍足利義晴の偏諱を受けて晴政と名乗る。
天文6年(1537年)、紫波郡で和賀義勝、斯波の軍勢と戦う。
天文8年(1539年)に家臣の赤沼備中に背かれて三戸城を焼かれ、多くの文書を失った。
直後に上洛して、将軍足利義晴より1字を拝領して晴政と名乗る。
天文9年(1540年)、戸沢政安、斯波経詮の岩手郡侵攻に対して叔父・石川高信を向かわせ、戸沢政安を秋田に追放し、斯波経詮を撃退し、岩手郡を手中に収める。
天文10年(1541年)、南部氏家督を継いで第24代当主となった。
まずは謀反を起こした工藤氏を討ち、家臣により焼失された三戸城を再建して南部氏を統一する。
南部安信から晴政への家督相続に関しては疑問の点が多い。
近年の説では、この頃の南部氏は根城(八戸)系と三戸系に分裂しており、本来は根城系が南部氏宗家であったが、三戸系の晴政がこれを討ち取ったという見方がある。

「南部晴政」と関連する人物(故人)