訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

榊原政邦

越後村上藩主[日本]

(享保11年11月14日没)

1726年 12月7日 死去享年52歳

榊原政邦 - ウィキペディアより引用
榊原 政邦(さかきばら まさくに)は、江戸時代中期の大名。
越後村上藩第2代藩主。
播磨姫路藩初代藩主。
榊原家6代当主。
分家の旗本榊原家の榊原勝政(榊原康勝の庶子。
1,000俵)の子の榊原勝直(1,000石)の長男として誕生する。
若くして嗣子なく没した榊原本家の政倫の養嗣子となり、越後村上藩を相続、その後に姫路藩に転封となる。
1675年(延宝3年) - 生まれ 1683年(天和3年) - 榊原家相続 1704年(宝永元年) - 播磨姫路に国替(5月28日) 1716年(正徳6年) - 男山八幡宮社殿を建て替え新築。
1726年(享保11年) - 死去、享年52 官位位階 1689年(元禄2年) :従五位下式部大輔 1692年(元禄5年) :従四位下 1711年(正徳元年):侍従 榊原政邦の墓所 榊原政邦およびその夫人と側室実相院の墓は、兵庫県姫路市の増位山随願寺にある。