訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

榊原忠次(さかきばらただつぐ)

上野館林藩主、播磨姫路藩主[日本]

(寛文5年3月29日没)

1665年 5月14日 死去享年61歳

榊原忠次 - 上野館林藩主、播磨姫路藩主
榊原 忠次(さかきばら ただつぐ)または大須賀 忠次(おおすか ただつぐ)は、江戸時代前期の譜代大名、大政参与。
はじめ大須賀家を継ぎ、後に榊原氏を継いだ。
遠江横須賀藩主、上野館林藩主、陸奥白河藩主、播磨姫路藩主。
榊原家3代当主。
従四位下式部大輔、侍従。
生涯 大須賀忠政の長男で、徳川四天王榊原康政の孫である。
母が徳川家康の姪であるため、忠次1代に限り終身松平姓を許される。
父の死により3歳で祖母の生家である大須賀家を相続し、遠江横須賀藩で6万石を領した。
家康の配慮により、安藤直次が後見人とされている。
その後、叔父に当たる榊原家当主榊原康勝に子がなく断絶しかかっていたところ、徳川四天王の血統が絶えるのを懸念した家康の命により、忠次が10歳で榊原氏館林藩10万石を相続した。
一説には、忠次自身の希望で榊原家相続となったともされる。
これにより、大名大須賀氏は絶家となった。
実は榊原家には、康勝の庶子の勝政がいたが、3人の家老の策謀により秘匿されていた。
後に露見し、3家老は流罪になった。
勝政の子孫は旗本として取り立てられ、後に忠次子孫の本家に養子を出す。