芸能人・経営者のおくやみ情報

赤松滄洲

儒学者[日本]

(享和元年1月8日没)

1801年 2月20日 死去享年81歳

あかまつ-そうしゅう 1721-1801江戸時代中期-後期の儒者。享保(きょうほう)6年生まれ。赤松蘭室の父。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)藩医大川耕斎の養子。医学を香川修庵,儒学を宇野明霞(めいか)にまなぶ。延享4年同藩につかえ,のち家老にすすむ。寛政異学の禁に反対した。寛政13年1月8日死去。81歳。本姓は舟曳。名は鴻。字(あざな)は国鸞。通称は大川良平。別号に静思翁。著作に「周易便覧」「静思亭集」など。 (引用元 コトバンク)