芸能人・経営者のおくやみ情報

青木一重

戦国武将、摂津麻田藩初代藩主[日本]

(寛永5年8月9日没)

1628年 9月6日 死去享年78歳

青木一重 - ウィキペディアより引用
青木 一重(あおき かずしげ)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将、大名。
摂津麻田藩初代藩主。
生涯 青木氏は美濃国の豪族で、戦国時代には土岐氏、斎藤氏に仕えた。
一重は父重直の下を離れ、はじめ今川氏真に仕えて新阪の戦いで首級を挙げ、褒美に黄金を賜った。
今川氏没落後は徳川家康に仕え、元亀元年(1570年)の姉川の戦いで真柄直隆を討ち取る武功を挙げたといわれる(直隆ではなく、子の真柄隆基を討ち取ったとも)。
元亀3年(1572年)の三方ヶ原の戦いでは本多太郎左衛門に従って出陣し、高天神城の守備にあたった。
天正元年(1573年)、徳川氏の元を出奔し、織田信長の家臣である丹羽長秀に仕えていた父重直を頼った。
その一方、弟の重経は家康に与し武田勢を食い止めるために戦い、討ち死にしたが、これが一重が麻田藩藩主として取り立てられることにつながったと考えられる。
天正10年(1582年)、本能寺の変での信長の横死後も丹羽氏に仕えて山崎の戦い、賤ヶ岳の戦いなどに参加したが、長秀の死後は羽柴秀吉の家臣に転じ、後に黄母衣衆に選抜された。