芸能人・経営者のおくやみ情報

宮田征典 氏

プロ野球投手[日本]

2006年 7月13日 死去肝不全享年66歳

宮田 征典(みやた ゆきのり、1939年11月4日 - 2006年7月13日)は、群馬県前橋市出身の元プロ野球選手(投手)、野球指導者、野球解説者。
日本野球界におけるリリーフ専門投手の草分け的存在で「8時半の男」と呼ばれた。
種部儀康は義兄。
来歴・人物 大学まで 子供の頃は利根川でよく泳ぎ、小学校5年生から中学生までは水泳部に所属するほど水泳好きだったが、中学校でいとこに誘われたことをきっかけに野球を始める。
前橋高校では王貞治を擁する早稲田実業と練習試合で対戦して完封勝ちし、その名が知られるようになる。
しかし、病気により3年生の時にはあまり試合で投げることはできなかった。
1958年に日本大学へ進学する。
2年生の1959年の秋期リーグで7勝0敗で最高殊勲選手となるなど、東都大学リーグで3度優勝。
4年生の1961年には主将となり、全日本大学野球選手権大会では決勝でエースの村瀬広基を擁する関西大学を降し、東都大学リーグ代表として初優勝した。

  • 題名
    Number Video「ストッパー列伝」 [VHS]
    監督
    出演俳優
    1. 宮田征典
    2. 鈴木孝政
    3. 山口高志
    4. 江夏豊
    5. 山本和行
    発売元
    フジテレビジョン
    発売日
    1999年4月07日
    新品価格
    より
    中古商品
    より

60年代のプロ野球、読売ジャイアンツの選手。野球指導者・解説者。 通称「8時半の男」。 右投右打、ポジションは投手。背番号は24番。 1939年11月4日生まれ、群馬県前橋市出身。 前橋高校から日本大学を経て1962年、読売ジャイアンツに入団。 心臓疾患を持つため、リリーフ投手へ転向。 1965年、69試合に登板し20勝*1を挙げる。 リーグ優勝、日本一に貢献。9連覇の初年度を飾り、V9黄金時代に大きく貢献した。 セーブ規定の無い時代のリリーフ投手として、「8時半の男」の異名を取った。 1969年、現役引退。 通算成績は267試合に登板、45勝30敗、防御率2.63。 1975年、読売ジャイアンツの二軍投手コーチに就任。 1977年、日本ハム・ファイターズの投手コーチに就任。 1985年、西武ライオンズの二軍投手コーチに就任。 1987年、読売ジャイアンツの二軍投手コーチに就任し、古巣復帰。 1998年、中日ドラゴンズの二軍投手コーチに就任。 コーチ時代は主に二軍を担当し、野口茂樹、上原浩治、川上憲伸らを育てた。 2000年、読売ジャイアンツの投手コーチに復帰。 2001年、退団。 退任後はRFラジオ日本、中京テレビの野球解説者を務めた。 2006年7月13日、肝不全のため前橋市内の病院で逝去。 * (引用元 Hatena Keyword)