訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

近衛信尋

公家、慶安2年10月11日没[日本]

1649年 11月15日 死去享年51歳

近衞 信尋(このえ のぶひろ、慶長4年5月2日(1599年6月24日) - 慶安2年10月11日(1649年11月15日))は、江戸時代前期の公家・藤氏長者。
官位は従一位関白。
幼称は二宮。
法号は応山。
生涯 慶長4年(1599年)5月2日、後陽成天皇の第四皇子。
八條宮智仁親王の甥。
幼称は二宮(にのみや)。
母は近衛前久の娘・前子。
母方の伯父・近衛信尹の養子となる。
慶長10年(1605年)、元服し正五位下に叙せられ、昇殿を許される。
慶長11年(1606年)5月28日、従三位に叙せられ、公卿に列する。
慶長12年(1607年)に権中納言、慶長16年(1611年)に権大納言、慶長17年(1612年)には内大臣となる。
慶長19年(1614年)右大臣に進み、元和6年(1620年)には左大臣、元和9年(1623年)には関白に補せられる。
和歌に極めて優れ、叔父であり桂離宮を造営した八條宮智仁親王と非常に親しく、桂離宮における交流は有名である。
正保2年(1645年)3月11日、出家し応山(おうざん)と号する。
慶安2年(1649年)10月11日薨去、享年51。

↑ PAGE TOP