訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

新倉イワオ 氏

放送作家[日本]

2012年 5月9日 死去大腸がん享年87歳

新倉 イワオ(にいくら イワオ、本名:新倉 巌、1924年12月7日 - 2012年5月9日)は日本心霊科学協会理事。
放送作家。
日本放送作家協会会員。
神奈川県平塚市生まれ。
専修大学経済学部2年中退。
心霊研究家としても知られる。
1945年(昭和20年)終戦を機に舞台、ラジオを中心にプロデューサー、ディレクターとしてNHK、民放の各種番組に従事。
1953年(昭和28年)日本テレビ放送網開局準備の業務を担当以来テレビ中心のプロデュースを兼ね、1960年(昭和35年)放送作家に転向する。
また日本テレビ放送網製作スタッフとして、今日まで続いている長寿バラエティー番組「笑点」の企画に立ち会った。
多くのドラマ、ドキュメント、音楽番組、バラエティーショーなどを手がけ、1968年(昭和43年)自らの心霊体験を契機に我が国テレビ界初の心霊番組を企画制作し、コメンテーターとして解説にもあたる。

新倉イワオ氏(にいくら・いわお、本名新倉巌=にいくら・いわお=放送作家)5月9日、大腸がんのため東京都多摩市の病院で死去、87歳。神奈川県出身。葬儀は済ませた。喪主は妻邦子(くにこ)さん。 NHKや民放番組のプロデュースや演劇の演出を経て、1960年以降から放送作家に専念。日本テレビの「笑点」では、放送開始以来構成を担当。心霊現象にも関心が高く、テレビ番組のコメンテーターなどを務めた。 

↑ PAGE TOP