芸能人・経営者のおくやみ情報

新藤兼人 氏

映画監督脚本家[日本]

2012年 5月29日 死去老衰享年101歳

新藤兼人 - ウィキペディアより引用

新藤 兼人(しんどう かねと、1912年(明治45年)4月22日 - 2012年(平成24年)5月29日)は、日本の映画監督、脚本家。
本名は新藤 兼登(読み方同じ)。
日本のインディペンデント映画の先駆者であった。
近代映画協会会長。
従三位、広島県名誉県民、広島市名誉市民、広島県三原市名誉市民。
人物・経歴 映画界に入るまで 1912年(明治45年)、広島県佐伯郡石内村(現・広島市佐伯区五日市町)生まれ。
4人兄弟の末っ子。
広島市内から一山越えた農村で豪農の家に生まれるが、父が借金の連帯保証人になったことで没落した。
田畑を売り、たったひとつ残った蔵で父母と3人で暮らし、石内尋常高等小学校(現広島市立石内小学校)へ通う。
当時、長兄は尾道警察署に勤務、姉2人は家が没落したため長姉は花嫁移民として渡米し次姉は広島で看護師になった。
なお生家であるその蔵は1999年まで新藤の生家として保存されていたが取り壊され、当地には「生誕の地」碑が建っている。
1927年(昭和2年)石内尋常高等小高等科を卒業後、広島市内の親戚の家に預けられた。

映画監督で脚本家の新藤兼人(しんどう・かねと、本名新藤兼登=しんどう・かねと)さんが29日午前9時24分、老衰のため東京都港区の自宅で死去した。100歳だった。広島市出身。葬儀は6月3日午前11時30分から東京都港区芝公園4の7の35の増上寺光摂殿で。喪主は次男で近代映画協会社長の新藤次郎(しんどう・じろう)氏。 映画監督溝口健二に師事。松竹退社後、近代映画協会を創立し、1951年「愛妻物語」で初監督。以降、映画監督、脚本家として活躍し、「裸の島」でモスクワ映画祭グランプリ、「午後の遺言状」で日本アカデミー賞5部門を受賞した。 この他、代表作に「鬼婆」「ある映画監督の生涯」「竹山ひとり旅」などがある。2002年に文化勲章を受章した。 

しんどうかねと [生]1912.4.22.広島[没]2012.5.29.東京,港映画監督,脚本家。本名新藤兼登。1934年映画界に入り,新興キネマで脚本を書き始め,溝口健二監督に師事した。興和映画を経て1944年松竹大船撮影所に転じた。同1944年に召集され,復員後本格的に脚本家として活動。作品に『待ちぼうけの女』(1946),『安城家の舞踏会』(1947),『わが生涯のかゞやける日』(1948),『縮図』(1953),『足摺岬』(1954)などがある。1950年吉村公三郎らとともに独立プロダクションの近代映画協会を創立,翌1951年には監督デビュー作となる『愛妻物語』を発表した。鋭い人間観察のもとにユニークな秀作を放ち,『裸の島』(1960)と『生きたい』(1999)の2作はモスクワ国際映画祭のグランプリを獲得した。おもな作品に,原子爆弾投下を扱った一連の作品の1作目『原爆の子』(1952),『裸の十九才』(1970),『ある映画監督の生涯溝口健二の記録』(1975),妻で女優だった乙羽信子の遺作『午後の遺言状』(1995),反戦を訴えた最後の作品『一枚のハガキ』(2011)など。多くの賞を受け,1997年文化功労者に選ばれ,2002年文化勲章を受章した。 (引用元 コトバンク)