訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

マーチャーシュ1世

ハンガリー国王[ハンガリー]

(ユリウス暦) 1490年 4月6日 死去享年49歳

マーチャーシュ1世 - ウィキペディアより引用
『マーチャーシュ・コルヴィヌス』より : マーチャーシュ1世(ハンガリー語: I. Mátyás, 1443年2月23日 - 1490年4月6日)は、ハンガリー王(在位:1458年 - 1490年)。
ボヘミア王(対立王)でもあった(在位:1469年 - 1490年)。
「正義王」の異名がある。
フニャディ・マーチャーシュ(ハンガリー語: Hunyadi Mátyás)、マティアス・コルヴィヌス(羅: Matthias Corvinus Huniades)とも呼ばれる。
コルヴィヌスあるいはコルウィヌスは「烏(corvus コルウス)の人」を意味するラテン語名で、フニャディ家の烏(カラス)の紋章に由来し、それはヴァイダフニャド城の別名に由来する。
1479年にはオーストリア大公国の支配権も得る。
王軍を常備軍として設置し、中央集権化を進めて、中世ハンガリーの最盛期を築いた。
ルネサンス文化を奨励したことでも知られる。
ハンガリーの1000フォリント紙幣には、マーチャーシュの肖像が印刷されている。
生涯 治世 ハンガリー王国の摂政フニャディ・ヤーノシュには長子ラースローがあり、ヤーノシュと共に従軍して1456年のベオグラードの戦勝にも功績があった。

「マーチャーシュ1世」と関連する人物(故人)

ウラースロー2世

↑ PAGE TOP