訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

吉川惟足

神道家[日本]
(元禄7年11月16日没)
1695年 1月1日 死去享年歳
吉川惟足 - ウィキペディアより引用
吉川 惟足(よしかわ これたり、元和2年(1616年) - 元禄7年11月16日(1695年1月1日))は、江戸時代前期の神道家。
初名は元成と称し、惟足・従時と称した。
尼崎屋五郎左衛門と称し、号は視吾堂・相山隠山・相隠士。
吉川神道の創始者。
姓は「きっかわ」、名は「これたる」とも読む。
出生から後に江戸日本橋の魚商に養子に入り家業を継いだが、商いがうまくいかなかったことから鎌倉へ隠居した。
1653年(承応2年)京都へ出て萩原兼従の門に入って吉田神道の口伝を伝授され、新しい流派を開いた。
その後江戸に戻り将軍徳川家綱を始め、紀州徳川家・加賀前田家・会津保科家などの諸大名の信任を得、1682年(天和2年)幕府神道方に任じられ、以後吉川家の子孫が神道方を世襲した。
著作 「玉伝秘訣」「土金之秘訣」「君道伝」平重道校注『日本思想大系 近世神道論・前期国学』岩波書店、1972   関連項目 神道 吉川神道。
題名
吉川神道思想の研究 吉川惟足の神代巻解釈をめぐって
著者
徳橋達典
発売元
ぺりかん社
発売日
2013-03-06
新品価格
¥ 7,344 より
中古商品
¥ 6,844 より
題名
神代史正解 (第5)
著者
吉川惟足
発売元
立教護国会
発売日
1907
新品価格
より
中古商品
より
題名
神代史正解 (第4)
著者
吉川惟足
発売元
立教護国会
発売日
1907
新品価格
より
中古商品
より
題名
神代史正解 (第1)
著者
吉川惟足
発売元
立教護国会
発売日
1907
新品価格
より
中古商品
より

↑ PAGE TOP