芸能人・経営者のおくやみ情報

由利公正

福井藩士政治家、子爵[日本]

1909年 4月28日 死去享年81歳

由利公正 - ウィキペディアより引用

由利 公正(ゆり きみまさ(こうせい)、文政12年11月11日(1829年12月6日) - 明治42年(1909年)4月28日)は、日本の武士(福井藩士)、政治家、実業家。
子爵、麝香間祗候。
旧姓は三岡。
通称を石五郎、八郎。
字を義由、雅号に雲軒など。
文政12年(1829年)、福井藩士・三岡義知(100石)の嫡男として越前国足羽郡福井城下に生まれる。
嘉永6年(1853年)に家督相続。
福井を訪れた横井小楠の殖産興業策に触発され、横井から財政学を学ぶ。
橋本左内らと国事に奔走し、藩主・松平慶永から財政手腕を評されて抜擢され、藩札発行と専売制を結合した殖産興業政策で窮乏した藩財政を再建する。
慶永が幕府政事総裁職に就任すると、慶永の側用人に就任する。
長州征伐では、藩論を巡って対立した征伐不支持と薩摩藩や長州藩など雄藩支持の両派の提携を画策したものの、支持が得られず福井にて蟄居・謹慎処分となった。
謹慎中に坂本龍馬の来訪を受けて交流を深める。
坂本とは新政府が取るべき経済政策について談義し、このことが新政府への参画を求められたことへ結びついたのだと後に語っている。

1829〜1909年。 政治家、実業家。福井藩士として藩の財政改革に手腕を発揮、維新後は明治新政府の財政・金融政策を担当。第4代東京府知事。 (引用元 Hatena Keyword)