芸能人・経営者のおくやみ情報

山科言継

公家[日本]

(天正7年3月2日没)

(ユリウス暦) 1579年 3月28日 死去享年73歳

山科言継 - ウィキペディアより引用

山科 言継(やましな ときつぐ、永正4年4月26日(1507年6月6日)- 天正7年3月2日(1579年3月28日))は、戦国時代の公家。
山科言綱の子。
内蔵頭から正二位・権大納言に昇った。
現存する『歴名土代』の編纂者であり、多くの戦国大名との交友でも知られている。
山科家は藤原北家四条家の分家であり、羽林家の家格であったが戦国期には他の公家と同様不振の時代を迎えていた。
天文17年(1548年)には室町幕府によって代々の家領であった山科荘が事実上横領される(天文17年5月25日)という事態に遭遇している。
そのような時代の中で言継は家業である有職故実や笙、製薬のみならず、和歌(三条西公条の門下)、蹴鞠から漢方医学や酒宴、双六などの多彩な才能の持ち主であった。
だが、彼の持った最大の特技は「人脈作り」であった。
朝廷の財政の最高責任者である内蔵頭として、後奈良・正親町両天皇下で逼迫した財政の建て直しを図ることになる。
当時の朝廷財政の収入の中で最大のものは諸大名からの献金であった。
言継はその献金獲得のために各地を奔走することになった。

「山科言継」と関連する人物(故人)