訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

無学祖元

臨済宗の[南宋]

(弘安9年9月3日示寂)

(ユリウス暦) 1286年 9月22日 死去享年61歳

無学祖元(むがく そげん、嘉禄2年(1226年) - 弘安9年9月3日(1286年9月22日))は、中国明州慶元府(浙江省寧波市)出身の鎌倉時代の臨済宗の僧。
諡は仏光国師・円満常照国師。
日本に帰化して無学派(仏光派)の祖となる。
字は子元。
建長寺・円覚寺に兼住して日本の臨済宗に影響を与える。
その指導法は懇切で、老婆禅と呼ばれ、多くの鎌倉武士の参禅を得た。
生涯 1226年、南宋(中国)の明州慶元府の許家に生誕。
1237年、兄の仲挙懐徳の命で杭州の浄慈寺の北礀居簡のもとで出家。
1240年代に径山の無準師範に参じ、その法を嗣ぐ。
この頃、石渓心月や虚堂智愚、物初大観、環渓惟一らを歴参する。
1262年、東湖の白雲庵に移転。
臨刃偈 1275年、元(蒙古)軍が南宋に侵入したとき、温州の能仁寺に避難していた無学祖元は元軍に包囲されるが、「臨刃偈」(りんじんげ。
「臨剣の頌」とも)を詠み、元軍も黙って去ったと伝わる。
 乾坤(けんこん)孤筇(こきょう)を卓(た)つるも地なし  喜び得たり、人空(ひとくう)にして、法もまた空なることを  珍重す、大元三尺の剣  電光、影裏に春風を斬らんなお、のちに臨済宗の雪村友梅も、元で諜者の嫌疑をかけられるが、この臨刃偈を唱えたことで許されたとも伝わる。

「無学祖元」と関連する人物(故人)

北条時宗 蘭渓道隆 光厳天皇 後光厳天皇

↑ PAGE TOP