訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

宮川長春

浮世絵師[日本]
(宝暦2年11月13日没)
1752年 12月18日 死去享年71歳
宮川長春 - ウィキペディアより引用
宮川 長春(みやがわ ちょうしゅん、天和2年〈1682年〉 - 宝暦2年11月13日〈1752年12月18日〉)とは、江戸時代の浮世絵師。
宮川派の祖。
宝永年間(1704-11年)から寛延年間(1748-51年)頃活躍、先行する菱川師宣や懐月堂派に学び、豊潤、優麗な美人画で一家を成した。
尾張(愛知県)宮川村の出身(美濃説もあり)。
俗称は長左衛門。
始め菱川姓を名乗る時期もあったようである。
春旭堂と号した。
はじめ狩野派や土佐派に学んだといわれる。
作中の樹木などの背景描写に江戸狩野派的な要素が見られ、稲荷橋狩野家の狩野春湖元珍に学んだとも推測される。
しかしそれに飽きたらず菱川師宣に私叔し、懐月堂派の立美人図の影響を受け、流麗な描線と上質な絵の具を用いた丁寧な彩色による艶麗で気品ある肉筆美人風俗画で大成し、宮川長春を名乗った。
長春の作品には制作年代を確かめられる作品が殆どなく、署名もほぼ一定しており、その作風の変遷を追うのは困難である。
しかし、「歳旦の遊女と禿図」(個人蔵)の元箱の箱書きに、享保7年(1722年)4月家老の砧佐島津家の家老・島津久浜が薩摩藩5代目藩主・島津継豊から拝領した旨が記されており、長春画の受容層の一端が分かる。
題名
十二ケ月風俗絵巻
著者
宮川長春
発売元
発売日
2016-04-25
新品価格
より
中古商品
より
題名
懐春秘画絵巻―元禄<肉筆> (1976年)
著者
東大路鐸
発売元
画文堂
発売日
1976
新品価格
より
中古商品
¥ 5,197 より

「宮川長春」と関連する人物(故人)

狩野常信 アーネスト・フェノロサ 勝川春章 菱川師宣

↑ PAGE TOP