芸能人・経営者のおくやみ情報

南方熊楠(みなかたくまぐす)

博物学者生物学者、民俗学者[日本]

1941年 12月29日 死去萎縮腎享年75歳

南方熊楠 - 博物学者、生物学者、民俗学者

南方 熊楠(みなかた くまぐす、1867年5月18日(慶応3年4月15日) - 1941年(昭和16年)12月29日)は、日本の博物学者、生物学者(特に菌類学)、民俗学者。
菌類学者としては粘菌の研究で知られている。
主著『十二支考』『南方随筆』など。
投稿論文や書簡が主な執筆対象であったため、平凡社編集による全集が刊行された。
18言語を解し、「歩く百科事典」と呼ばれ、熊楠の言動や性格が奇抜で人並み外れたものであるため、後世に数々の逸話を残している。
南方熊楠は和歌山県に生まれ、東京での学生生活の後に渡米、さらにイギリスに渡って大英博物館にはいる。
多くの論文を著し、大学者として名を知られたが、生涯を在野で過ごした。
熊楠の学問大系は博物学、特に植物学を基礎とするが、その学風は、ひとつの分野に関連性のある全ての学問を知ろうとする膨大なものであり、土蔵や那智山中にこもっていそしんだ研究からは、曼荼羅にもなぞらえられる知識の網が生まれた。

生物学・民俗学者。和歌山県生。大学予備門中退。明治19年渡米、ランシング大学農科に入学するが、またもや中退、中南米各地を放浪し動植物の観察・採集をする。25年英国に渡り、ロンドン学会の天文学懸賞論文に当選、学会で認められる。10数ヵ国語に通じ大英博物館東洋調査部に入り資料整理に尽した。この頃亡命中の孫文と交遊。33年帰国、菌類の採集・民族学に没頭、粘菌の研究で新種七十種を発見。大酒豪で奇行も多い。著書に『南方閑話』『南方随筆』等。昭和16年(1941)歿、75才。 (引用元 コトバンク)