芸能人・経営者のおくやみ情報

林羅山(はやしらざん)

儒学者[日本]

(明暦3年1月23日没)

1657年 3月7日 死去享年75歳

林羅山 - ウィキペディアより引用

林 羅山(はやし らざん、天正11年(1583年) - 明暦3年1月23日(1657年3月7日))は、江戸時代初期の朱子学派儒学者。
林家の祖。
羅山は号で、諱は信勝(のぶかつ)。
字は子信。
通称又三郎。
出家した後の号、道春(どうしゅん)の名でも知られる。
生涯 天正11年(1583年)、京都四条新町において生まれたが、ほどなく伯父のもとに養子に出された。
父は加賀国の郷士の末裔で浪人だったと伝わる。
幼少の頃から秀才として謳われ、文禄4年(1595年)、京都・建仁寺で仏教を学んだが、僧籍に入ること(出家)は拒否して慶長2年(1597年)、家に戻った。
その間、建仁寺大統庵の古澗慈稽および建仁寺十如院の英甫永雄(雄長老)に師事し、雄長老のもとでは文学に長じた松永貞徳から刺激を受けた。
家に帰ってからはもっぱら儒書に親しみ、南宋の朱熹(朱子)の章句、集注(四書の注釈)を研究した。
独学を進めるうちに、いっそう朱子学(宋学)に熱中していき、慶長9年(1604年)に藤原惺窩(せいか)と出会う。

  • 題名
    岳心流吟詠競演集
    歌手
    三橋触心
    発売元
    コロムビアミュージックエンタテインメント
    発売日
    1994年6月21日
    新品価格
    より
    中古商品
    より

天正11年(1583年)〜明暦3年1月23日(1657年3月7日) 日本の江戸時代初期の学者。羅山は号で、諱は信勝。字は子信。通称は又三郎。出家した後の号の道春の名でも知られる。京都出身。 朱子学派の儒学者として活躍し、初期の江戸幕府の土台作りに大きく関わった。 (引用元 Hatena Keyword)