芸能人・経営者のおくやみ情報

土田麦僊(つちだばくせん)

日本画家[日本]

1936年 6月10日 死去享年50歳

土田麦僊 - ウィキペディアより引用
土田 麦僊(つちだ ばくせん、 1887年(明治20年)2月9日 - 1936年(昭和11年)6月10日)は大正~昭和期の日本画家である。
明治20年(1887年)、新潟県佐渡郡新穂村(現佐渡市新穂)の農家の三男として生まれる。
本名は金二。
哲学者の土田杏村は弟(茂)である。
明治37年(1904年)、竹内栖鳳に弟子入り。
明治44年(1911年)、京都市立絵画専門学校(現:京都市立芸術大学)を卒業している。
同年には小野竹喬らとともに前衛的な絵画運動の会である仮面会(ル・マスク)を結成。
黒猫会に参加。
文展には在学中の明治41年(1908年)から出品していた。
この頃の作品にはゴーギャンの影響が見られる。
大正7年(1918年)、麦僊は同じ京都市立絵画専門学校出身の同士であった村上華岳、榊原紫峰、小野竹喬、野長瀬晩花とともに国画創作協会を旗揚げした。
同会は、伝統的な文展の審査のありかたに不満をもった若手日本画家たちが西洋美術と東洋美術の融合と新しい日本画の創造を目指して結成したもので、近代における日本画革新運動の代表的なものとして日本美術史上重視されている。