芸能人・経営者のおくやみ情報

月岡芳年(つきおかよしとし)

浮世絵師[日本]

1892年 6月9日 死去脳充血享年54歳

月岡芳年 - ウィキペディアより引用

月岡 芳年(つきおか よしとし、1839年4月30日(天保10年3月17日) - 1892年(明治25年)6月9日)は、日本の画家。
幕末から明治前期にかけて活動した浮世絵師である。
姓は吉岡(よしおか)、のちに月岡。
本名は米次郎(よねじろう)。
画号は、一魁斎芳年(いっかいさい よしとし)、魁斎(かいさい)、玉桜楼(ぎょくおうろう)、咀華亭(そかてい)、子英、そして最後に大蘇芳年(たいそ よしとし)を用いた。
河鍋暁斎、落合芳幾、歌川芳藤らは歌川国芳に師事した兄弟弟子の関係にあり、特に落合芳幾は競作もした好敵手であった。
また、多くの浮世絵師や日本画家とその他の画家が、芳年門下もしくは彼の画系に名を連ねている(後述)。
歴史絵、美人画、役者絵、風俗画、古典画、合戦絵など多種多様な浮世絵を手がけ、各分野において独特の画風を見せる絵師である。
多数の作品があるなかで決して多いとは言えない点数でありながら、衝撃的な無惨絵の描き手としても知られ、「血まみれ芳年」の二つ名でも呼ばれる。

1839年4月30日(天保10年3月17日)〜1892年(明治25年)6月9日。 「最後の浮世絵師」と呼ばれ、残酷絵・無残絵で知られる画家。 (1839-1892) 幕末・明治前期の浮世絵師。月岡雪斎の養子。後年は大蘇を名のる。歌川国芳に浮世絵を学び、のち洋画を摂取。明治期には絵入り新聞などに挿画を描いた。 三省堂提供「大辞林 第二版」より (引用元 Hatena Keyword)