訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ドナ・サマー 氏

歌手[アメリカ]

(「ディスコの女王」)

2012年 5月17日 死去がん享年63歳

ドナ・サマー - ウィキペディアより引用
ドナ・サマー(Donna Summer、1948年12月31日 - 2012年5月17日)は、アメリカ合衆国のディスコ歌手、ディスコ・クイーン。
マサチューセッツ州ボストン近郊のドーチェスター出身。
グラミー賞を5回受賞した。
「ディスコの女王(Queen of Disco)」の異名を持つ。
1968年にミュージカル「ヘアー」のヨーロッパ公演でデビュー、1971年にファーストシングル、1974年にファーストアルバムを発表した。
1970年代にジョルジオ・モロダーのプロデュースにより、ディスコ・ミュージックの第一人者として活躍し「ディスコの女王」(Queen of Disco)と呼ばれ、一世を風靡した。
1980年にデヴィッド・ゲフィン率いるゲフィン・レコードへ古巣のカサブランカ・レコードから移籍。
その後、彼女が「AIDSはゲイに対する天罰である」と発言したとされ、ファンの多くがゲイであったために反感を買った。
1991年、彼女はこうした報道に対して否定コメントを記者会見上で涙ながらに発表している。

「ドナ・サマー」と関連する人物(故人)