芸能人・経営者のおくやみ情報

井上登 氏(いのうえのぼる)

プロ野球選手[日本]

(中日・南海で活躍)

2012年 5月5日 死去脳出血享年77歳

井上登(いのうえのぼり、いのうえのぼる) 井上登 (野球) - 中日ドラゴンズ・南海ホークスに在籍した野球選手。
井上登 (裁判官) - 最高裁判所判事。
日本野球機構第2代コミッショナー。
井上登 (クリナップ) - クリナップ創業者。
井上登 (エヌ・ティ・ティ・ドコモ九州) - エヌ・ティ・ティ・ドコモ九州社長。

井上 登氏(いのうえ・のぼる=元プロ野球中日、南海選手)5日午前、脳出血のため名古屋市の病院で死去、77歳。愛知県出身。葬儀は親族のみで済ませた。 53年に名古屋(当時)入団。二塁手として活躍し、ベストナイン5度。67年に引退するまで通算1506試合に出場し、1322安打、111本塁打、570打点の成績を残した。 

プロ野球選手。 右投右打、ポジションは二塁手→外野手。背番号は51番。 1934年5月26日生まれ。愛知県出身。 岡崎高から1953年、名古屋ドラゴンズに入団。 俊足・巧打の二塁手として、1954年の日本シリーズ優勝に貢献するなど、1950年代のドラゴンズを支えた。 1962年、寺田陽介?、長谷川繁雄?、カールトン半田との交換トレードで南海ホークスに移籍。 1967年、西沢道夫監督に呼び戻され、中日ドラゴンズに復帰。 同年、現役引退。 1970年、中日ドラゴンズのコーチに就任。1980年退団。 退団後はナゴヤ球場の管理者、CBCの野球解説者を歴任した。 2012年5月5日、死去。享年77。 (引用元 Hatena Keyword)

「井上登」と関連する人物(故人)