芸能人・経営者のおくやみ情報

上本孝一 氏

プロ野球審判[日本]

2006年 5月5日 死去心筋梗塞享年43歳

上本 孝一(うえもと こういち、1963年4月29日 - 2006年5月5日)は、京都府舞鶴市出身のプロ野球選手(捕手)、プロ野球審判員。
審判員袖番号は3(1988年初採用から2006年死去まで。
上本の死去後、審判員袖番号3は永久欠番となっている)。
来歴・人物 西舞鶴高校を経て、1981年のドラフト5位で広島東洋カープに入団。
達川光男の存在で出場機会に恵まれず1984年に現役引退し、1985年からセ・リーグ審判員となる。
同じセリーグ審判の橘高淳とは同期入局である。
生涯通算試合出場数は1412試合、オールスターゲーム2回出場(1993年と2001年。
2001年の第1戦で球審)。
東京審判部の中堅であったが日本シリーズの出場はなかった。
1995年4月15日の巨人VS阪神戦で巨人の落合博満が2000本安打を記録した試合と1996年8月11日の巨人VS中日戦で中日の野口茂樹がノーヒットノーランを記録した試合でそれぞれ球審を務めていた。

プロ野球審判員。通称「ムーミン*1」。 右投右打、ポジションは捕手。背番号は63番。 1963年4月29日生まれ。京都府舞鶴市出身。 西舞鶴高校から1982年、ドラフト5位で広島東洋カープに入団。 出場機会が無く、1983年、退団。 ジョー・ブリンクマン審判学校を経て、1985年、セ・リーグ審判員になる。 東京審判部所属でありながら愛知以西、関西審判部のエリアで行われるゲームでジャッジを務める事が多く「関西審判部所属」と誤解されやすい。 見逃し三振のジャッジ時に弓をひくポーズを取るなど、ユニークなアクションで有名。判定には定評がある。 広島のボール犬ミッキーに愛想をつかされたりする。 柔道の有段者でもあり、抗議に向かってきた種田仁を投げ飛ばした。 2005年9月3日、札幌ドームの横浜ベイスターズ-阪神タイガース戦で球審を務めるが、佐伯貴弘の打席でカウントを間違える。*2 2006年5月5日、心筋梗塞のため埼玉県朝霞市の自宅で逝去。 翌5月6日、セ・リーグの全球場で黙祷など追悼行事が行われた。 *1:選手時代の愛称。 *2:3回二死走者なし、横浜・佐伯の打席で、安藤がボールカウント2−3から投げた球は「ボール」の判定。本来ならこの時点で四球で、佐伯も一塁へ歩きかけたが、球審が呼び戻して試合を続行した。佐伯は次の球を打って左前安打とした。この間、横浜側から抗議はなかった。 (引用元 Hatena Keyword)

「上本孝一」と関連する人物(故人)