訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ミゲル・イダルゴ

革命家[メキシコ]

(「メキシコ独立の父」)

1811年 7月30日 死去銃殺享年58歳

ミゲル・イダルゴ - ウィキペディアより引用
ミゲル・イダルゴ(Miguel Hidalgo、1753年5月8日-1811年7月30日)は、メキシコ独立運動における初期の指導者。
独立闘争の途上で捕らえられ処刑された。
「メキシコ独立の父」として評価される。
彼の正式な名前はMiguel Gregorio Antonio Ignacio Hidalgo y Costilla Gallaga Mandarte Villaseñorであるが、通常はミゲル・イダルゴ(Miguel Hidalgo)やミゲル・イダルゴ・イ・コスティージャ(Miguel Hidalgo y Costilla)と短縮して呼ばれる。
前半生 1753年、メキシコのグアナフアト州に位置するペンハモ(Pénjamo)近くの農場でその管理人の長男として生まれた。
いわゆるクリオーリョ(植民地生まれの白人)である。
同農場で教育を受けたあと、1765年からこの地域の中心都市であるバリャドリッド(現モレリア:ミチョアカン州)に移り、最初イエズス会経営の聖フランシスコ・ザビエル校、イエズス会追放後(1767年)は聖ニコラス校で神学を中心に学んだ。

「ミゲル・イダルゴ」と関連する人物(故人)