芸能人・経営者のおくやみ情報

経覚(きょうかく)

侶・法相宗、興福寺別当[日本]

(文明5年8月27日入滅)

(ユリウス暦) 1473年 9月19日 死去享年79歳

経覚(きょうかく/ぎょうかく、応永2年(1395年)- 文明 (日本) 文明5年8月27日 (旧暦) 8月27日(1473年9月19日))は、室町時代の法相宗の僧侶。
父は関白九条経教、母は浄土真宗本願寺(後の大谷家)の出身。
母方の縁で後に本願寺8世となるいとこ 従甥・蓮如を弟子として預かり、宗派の違いを越えて生涯にわたり師弟の関係を結んだ。
興福寺別当である寺務大僧正を4度務めた事でも知られている。
諡号は後五大院。

経覚の母親(法号・正林)が本願寺の出である事は記録などにも残されているが、具体的な身元は明らかになっていない。
ただし、経覚の生年から5世綽如の娘であったとするのが一般的であり、これに基づけば蓮如の父である存如は経覚の従兄弟であったことになる。
当時本願寺は零落状態にあり、摂家である九条家の保護を受けるためにその家司的な事も行っており、経覚の母も九条家出仕中に経教の手が付いたと考えられている。

きょうがく 1395-1473室町時代の僧。応永2年11月6日生まれ。九条経教(つねのり)の子。法相(ほっそう)宗。応永17年奈良興福寺大乗院門跡(もんぜき),33年以降同寺別当を4回つとめる。永享3年大僧正。10年足利義教の命に反して宝寿寺に隠居。文安元年鬼薗(おにその)山に築城して筒井順永らとたたかい,敗れて安位寺にのがれた。文明5年8月27日死去。79歳。通称は安位寺殿。日記に「経覚私要鈔」。 (引用元 コトバンク)

「経覚」と関連する人物(故人)