芸能人・経営者のおくやみ情報

安田善次郎

安田財閥 創始者[日本]

1921年 9月28日 死去刺殺享年84歳

安田善次郎 - ウィキペディアより引用
安田 善次郎(やすだ ぜんじろう、天保9年10月9日〈1838年11月25日〉 - 大正10年〈1921年〉9月28日)は、富山県富山市出身の実業家。
幼名は岩次郎。
安田財閥の祖。
生涯 富山藩下級武士(足軽)の安田善悦の子としてうまれる。
安田家は善悦の代に士分の株を買った半農半士であった。
1858年(安政5年)、奉公人として江戸に出る。
最初は玩具屋に、ついで鰹節屋兼両替商に勤めた。
やがて安田銀行(後の富士銀行。
現在のみずほフィナンシャルグループ)を設立、損保会社(現在の損害保険ジャパン)、生保会社(現在の明治安田生命保険)、東京建物等を次々と設立した。
1870年代には北海道で最初の私鉄である釧路鉄道(本社 安田銀行本店)を敷設し硫黄鉱山開発、硫黄の輸送や加工のための蒸気機関の燃料調達を目的に釧路炭田(後の太平洋興発の前身)を開発した。
北米への硫黄輸出のためにそれまで小さな漁港に過ぎなかった釧路港を特別輸出港に指定させた。
現在のみずほ銀行釧路支店の礎となる根室銀行を設立し、魚場集落だった釧路は道東最大の都市へと急激に発展した。

「安田善次郎」と関連する人物(故人)