芸能人・経営者のおくやみ情報

外村彰 氏

日立製作所フェロー[日本]

(量子力学の理論実証でノーベル物理学賞候補)

2012年 5月2日 死去膵臓がん享年70歳

外村 彰(とのむら あきら、1942年4月25日 - 2012年5月2日)は、日本の物理学者。
元沖縄科学技術大学院大学教授、学習院大学理学博士、名古屋大学工学博士。
日本学士院賞恩賜賞受賞。
文化功労者。
日本学士院会員。
米国科学アカデミー外国人会員。
日本学術会議議員。
人物・来歴 1942年、兵庫県西宮市生まれ。
東京都立新宿高等学校を経て1965年東京大学理学部物理学科を卒業、日立製作所に入社した。
同社中央研究所で電子顕微鏡開発に携わる。
1990年株式会社日立製作所基礎研究所主管研究長、1999年株式会社日立製作所フェロー。
理化学研究所フロンティアシスム単量子操作グループグループディレクタ兼任。
2002年東京電機大学大学院理工研究科客員教授、2005年沖縄科学技術研究基盤整備機構新大院先行的事業電子線ホログラフィーユニット代表研究者。
2011年沖縄科学技術大学院大学教授。
電子線の干渉による顕微鏡像を得る「電子線ホログラフィ」で先駆的な業績を挙げ、世界で初めて実用化に成功した。

微小な磁場が観察できる「ホログラフィー電子顕微鏡」を開発、量子力学で予言されていた基礎現象を実証し、ノーベル物理学賞の有力候補とされていた日立製作所フェローの外村彰(とのむら・あきら)氏が2日午前0時8分、膵臓(すいぞう)がんのため埼玉県内の病院で死去した。70歳だった。葬儀は13日、東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所で行う。喪主は妻美和子(みわこ)さん。 外村氏は東京都出身。1965年、東京大理学部物理学科を卒業後、日立製作所中央研究所に入社。81年、微細な磁力線の分布を直接観察できるホログラフィー電子顕微鏡を開発。量子力学の世界で実在をめぐって議論が続いていた「アハラノフ・ボーム効果」を実証し、論争に終止符を打ち、同効果の提唱者らとともにノーベル物理学賞の有力候補と言われていた。 87年に朝日賞、99年に米フランクリン物理学賞を受賞し、同年から日立製作所フェロー。2002年には文化功労者に選ばれ、07年から日本学士院会員を務めていた。 

とのむらあきら [生]1942.4.25.兵庫[没]2012.5.2.埼玉物理学者。電子顕微鏡を使って量子力学の基礎にある物理現象を可視化することに取り組み,アハロノフ=ボーム効果の実証など多くの成果を残した。1965年に東京大学理学部物理学科を卒業後,日立製作所に入社。同中央研究所の電子顕微鏡グループに入る。1968年,電子の波動を記録する電子線ホログラフィーという結像法を開発,この方法で磁性体中の磁力線観察に成功した。それまで議論が沸騰していた電磁気学におけるゲージ場(ベクトルポテンシャル)の存在を確かめるため,アハラノフ=ボーム効果の実証実験に挑み,1986年に成功。この際,ノーベル物理学賞を受賞した楊振寧の助言を受けたことは有名である。1999年日立製作所フェロー(技術職の最高位)に就任。理化学研究所グループディレクターなども兼任した。1982年仁科記念賞,1991年日本学士院賞恩賜賞,1999年フランクリン・メダルなど受賞多数。2002年文化功労者。 (引用元 コトバンク)