芸能人・経営者のおくやみ情報

北畠満雅(きたばたけみつまさ)

武将[日本]

(「岩田川の戦い」で戦死、正長元年12月21日没)

(ユリウス暦) 1429年 1月25日 死去討死享年歳

北畠 満雅(きたばたけ みつまさ)は、室町時代前期の武将。
伊勢国司北畠家の第3代当主。
北畠顕泰の次男。
生涯 元服時に室町幕府第3代将軍・足利義満から偏諱を賜い満雅と名乗る(これは義満が子の義持に将軍職を譲る応永元年(1394年)までに済ませているであろう)。
同じく義満から1字を賜った長兄の北畠満泰(- みつやす)は応永6年(1399年)の応永の乱に幕府側の山名時煕軍に加勢する形で参戦したが、激闘の中で戦死。
これに伴って、戦後代わって嫡男(跡取り)となる。
父・顕泰から北畠家の家督を譲られたのはこれより間もなく、応永9年(1402年)前後のこととされている。
皇統が明徳の和約に反し、持明院統から大覚寺統に譲られないことを不服とし、応永21年(1414年)、幕府に条件履行を迫って伊勢で挙兵、幕府方の城や足利方についた北畠一族の木造俊康を攻め落とした。
そして坂内雅俊(まさとし、木造俊康の実弟、坂内氏初代)を木造城に、実弟・顕雅(初代大河内氏)を大河内城に入れ、玉丸城・多気城・坂内城にも一族を配し、満雅自身は阿坂城に入る。

日本の室町時代前期の武将。伊勢国司北畠家の第三代当主。 南朝最後の後亀山天皇の孫の小倉宮聖承を奉じて反乱を起こしたが敗北し、討ち死にした。 (引用元 Hatena Keyword)