訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

吉武輝子 氏

評論家[日本]

2012年 4月17日 死去肺炎享年80歳

吉武 輝子(よしたけ てるこ、1931年7月27日 - 2012年4月17日)は日本の作家・評論家。
兵庫県芦屋市出身。
慶應義塾大学卒業後、東映に入社。
宣伝部で活躍し、日本で初めての女性宣伝プロデューサーとなる。
1968年婦人公論読者賞受賞。
フリーとなってから以後は、生涯を通してフリーであった。
1977年、第11回参議院議員通常選挙に全国区から無所属で立候補するが落選している。
夫は大学時代の演劇部仲間の宮古勝治。
娘は宮子あずさ。
2012年4月17日、肺炎のために死去。
80歳没。
著書 あしたのOG像 文理書院, 1967. 青春を生きる! 1968. 三一新書 生きるあかしを求めて 私の愛と性の真実 実業之日本社, 1971. 『結婚が変わる 自立する正と性』(1972年、大和書房) キミたち女のコ サニー出版 1973 サニーブックス 子どもたちへのおくりもの ひとりで生きるために 第三文明社, 1974 灯台ブックス おんなのことは天下国家のことなのだ 櫂書房 1977.6. Books おんな 結婚ってなあに ルック社, 1977.5. 闘うおんなはやさしいおんな 櫂書房, 1977.5. Books おんな やさしいエロス この指とまれ 住宅新報社, 1977.3. 愛すれど孤独 女にやさしい女こそ PHP研究所 1978.10 のち文春文庫  愛のうしろ姿 スタートとしての結婚を考える PHP研究所 1979.10. 『女が自分と向きあうとき 私のおんな白書』(1979年、海竜社)のち三笠書房知的生きかた文庫  女の子の伸ばし方 のびやかな子に育つために 学習研究社, 1980.11. 学研の家庭教育シリーズ 首から下を子どもに返せ 母として、女としての生き方 学習研究社, 1980.5 学研の家庭教育シリーズ のびのび子育ち12章 日本書籍, 1981.5. ひとりっ子の育て方 こんな夫婦の子なら、りっぱに育つ 編著. 学習研究社, 1981.12学研の家庭教育シリーズ 『やさしく紡ぐ女の年輪』(1983年、海竜社)「人生80年時代の新夫婦論」知的生きかた文庫  『女人 吉屋信子』(1983年、文藝春秋)のち文庫  『素敵に女の老い』(1984年、海竜社) 『舞踏に死す ミュージカルの女王・高木徳子』(1985年、文藝春秋) 危機の家庭 女・性・政治 未来社,1986.9. わたしの姑支度 海竜社, 1986.8. 『ウィークエンド・ラブ』(1987年、集英社文庫) 『夫と妻の定年人生学』(1987年、海竜社)のち集英社文庫  『愛と誇りと―女・労働・文化』(1987年、未来社) 『ブルースの女王 淡谷のり子』(1989年、文藝春秋)のち小学館文庫 『女六十歳からの現役人生』(1989年、海竜社) 加算式子育て論 明治図書出版, 1989.3 『女三十五歳からの生き方 愛・仕事・人生』(1990年、海竜社) 恋上手 素敵な女の愛し方愛され方 海竜社, 1991.11. 『女五十代の生き方 いま華のとき』(1992年、海竜社) 自立心を育てる教育 明治図書出版, 1993.6. シリーズ・教育をひらく 大人になりたくなかったわたし ポプラ社 1994.8. 新・のびのび人生論 『サリーに魅せられて 美の源流を訪ねる』(1994年、平河出版社) 『死を受け容れて生きる 六十歳からの死生観』(1995年、海竜社) 女四十代の生き方 いま行動のとき 海竜社, 1995.9. ネコを愛する理由 1995.10. ハヤカワ文庫. 『日本の家族を考える 女・男・家族のゆくえ』(1996年、ミネルヴァ書房) 『死と生を見すえて 娘あずさへの手紙』(1996年、岩波書店) 『定年後の夫の生き方・妻の生き方』(1997年、海竜社) 『秋麗 家庭内別居34年の答え』(1998年、KSS出版) 老いては子に逆らう わたしの老親修行 海竜社 1999.11 のち講談社+α文庫  『炎の画家 三岸節子』(1999年、文藝春秋) 定年、気がつけば二人旅 夫と妻共歩き人生への再出発 ミネルヴァ書房, 2000.9 『戦争の世紀を超えて わたくしが生きた昭和の時代』(2001年、春秋社) 『老いては人生桜色』(2001年、集英社)のち文庫  『病んでも老いても人生は華 賞味期限なし』(2002年、海竜社) 美しく老いを生きる知恵 伴侶の死からの出発 海竜社, 2003.12. 「わたし」を生ききるために 知っておきたい一番たいせつなこと ポプラ社, 2004.4. 『置き去り サハリン残留日本女性たちの六十年』(2005年、海竜社) 『おんなたちの運動史 わたくしの生きた戦後』(2006年、ミネルヴァ書房) 『生きる。

女性の地位向上などに取り組んだ評論家の吉武輝子(よしたけ・てるこ)さんが17日、肺炎のため死去した。80歳だった。兵庫県出身。葬儀は21日正午から東京都新宿区神楽坂5の36の善国寺で。喪主は長女で作家の宮子(みやこ)あずささん。 慶応大卒業後、1954年東映に入社し、日本初の女性宣伝プロデューサーになった。66年退社し、文筆、講演活動に。女性の地位向上とともに、自身の体験を踏まえて「戦争への道を許さない女たちの連絡会」世話人を務め、平和問題に取り組んだ。77年の参院選全国区に無所属で立候補したが、落選した。 東日本大震災後、呼び掛け人の一人となって、文化人、学者ら幅広い分野で活躍する女性らとともにネットワーク「脱原発をめざす女たちの会」を立ち上げた。 著書は「女人 吉屋信子」「置き去り サハリン残留日本女性たちの六十年」など多数。

題名
夫と妻の定年人生学 (集英社文庫)
著者
吉武輝子
発売元
集英社
発売日
2005-02
新品価格
より
中古商品
¥ 2,700 より
題名
置き去り―サハリン残留日本女性たちの六十年
著者
吉武輝子
発売元
海竜社
発売日
2005-05
新品価格
より
中古商品
¥ 300 より
題名
やるっきゃない!―吉武輝子が聞く土井たか子の人生
著者
発売元
パドウィメンズオフィス
発売日
2009-11
新品価格
¥ 5,513 より
中古商品
¥ 188 より
題名
万病息災―老いても病んでも「元気」でいるコツ
著者
吉武輝子
発売元
講談社
発売日
2011-02-18
新品価格
より
中古商品
¥ 437 より
題名
死ぬまで幸福でいるための12ヵ条
著者
吉武輝子
発売元
講談社
発売日
2008-11-20
新品価格
より
中古商品
¥ 309 より
題名
別れのブルース―淡谷のり子 歌うために生きた92年 (小学館文庫)
著者
吉武輝子
発売元
小学館
発売日
2002-12
新品価格
¥ 16,554 より
中古商品
¥ 200 より
題名
死と生を見すえて―娘あずさへの手紙
著者
吉武輝子
発売元
岩波書店
発売日
1996-11-22
新品価格
より
中古商品
¥ 595 より
題名
夫と妻の定年人生学
著者
吉武輝子
発売元
海竜社
発売日
1987-10
新品価格
より
中古商品
より
題名
炎の画家三岸節子
著者
吉武輝子
発売元
文藝春秋
発売日
1999-12
新品価格
より
中古商品
¥ 244 より
題名
「私」が「わたくし」であることへ―吉武輝子対話集
著者
吉武輝子
発売元
パドウィメンズオフィス
発売日
2009-02
新品価格
より
中古商品
¥ 37 より

↑ PAGE TOP