訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

吉武輝子 氏

評論家[日本]

2012年 4月17日 死去肺炎享年80歳

吉武 輝子(よしたけ てるこ、1931年7月27日 - 2012年4月17日)は日本の作家・評論家。
兵庫県芦屋市出身。
慶應義塾大学卒業後、東映に入社。
宣伝部で活躍し、日本で初めての女性宣伝プロデューサーとなる。
1968年婦人公論読者賞受賞。
フリーとなってから以後は、生涯を通してフリーであった。
1977年、第11回参議院議員通常選挙に全国区から無所属で立候補するが落選している。
夫は大学時代の演劇部仲間の宮古勝治。
娘は宮子あずさ。
2012年4月17日、肺炎のために死去。
80歳没。
著書 あしたのOG像 文理書院, 1967. 青春を生きる! 1968. 三一新書 生きるあかしを求めて 私の愛と性の真実 実業之日本社, 1971. 『結婚が変わる 自立する正と性』(1972年、大和書房) キミたち女のコ サニー出版 1973 サニーブックス 子どもたちへのおくりもの ひとりで生きるために 第三文明社, 1974 灯台ブックス おんなのことは天下国家のことなのだ 櫂書房 1977.6. Books おんな 結婚ってなあに ルック社, 1977.5. 闘うおんなはやさしいおんな 櫂書房, 1977.5. Books おんな やさしいエロス この指とまれ 住宅新報社, 1977.3. 愛すれど孤独 女にやさしい女こそ PHP研究所 1978.10 のち文春文庫  愛のうしろ姿 スタートとしての結婚を考える PHP研究所 1979.10. 『女が自分と向きあうとき 私のおんな白書』(1979年、海竜社)のち三笠書房知的生きかた文庫  女の子の伸ばし方 のびやかな子に育つために 学習研究社, 1980.11. 学研の家庭教育シリーズ 首から下を子どもに返せ 母として、女としての生き方 学習研究社, 1980.5 学研の家庭教育シリーズ のびのび子育ち12章 日本書籍, 1981.5. ひとりっ子の育て方 こんな夫婦の子なら、りっぱに育つ 編著. 学習研究社, 1981.12学研の家庭教育シリーズ 『やさし ……

女性の地位向上などに取り組んだ評論家の吉武輝子(よしたけ・てるこ)さんが17日、肺炎のため死去した。80歳だった。兵庫県出身。葬儀は21日正午から東京都新宿区神楽坂5の36の善国寺で。喪主は長女で作家の宮子(みやこ)あずささん。 慶応大卒業後、1954年東映に入社し、日本初の女性宣伝プロデューサーになった。66年退社し、文筆、講演活動に。女性の地位向上とともに、自身の体験を踏まえて「戦争への道を許さない女たちの連絡会」世話人を務め、平和問題に取り組んだ。77年の参院選全国区に無所属で立候補したが、落選した。 東日本大震災後、呼び掛け人の一人となって、文化人、学者ら幅広い分野で活躍する女性らとともにネットワーク「脱原発をめざす女たちの会」を立ち上げた。 著書は「女人 吉屋信子」「置き去り サハリン残留日本女性たちの六十年」など多数。

「吉武輝子」と関連する人物(故人)