芸能人・経営者のおくやみ情報

方励之 氏

文学者、民主化運動家[中国]

2012年 4月6日 死去享年76歳

方励之 - ウィキペディアより引用

ほうれいしFangLizhi [生]1936.2.12.中国,北京[没]2012.4.6.アメリカ合衆国,アリゾナ,トゥーソン中国の宇宙物理学者,反体制活動家。1952年北京大学物理学部に入学,1956年卒業。その後中国科学院近代物理研究所に配属され,副研究員となる。1957年に「右派」とされて中国共産党の党籍を剥奪され(→反右派闘争),1958年中国科学技術大学理論物理研究室研究者に転任した。1970年安徽省淮南炭鉱に労働改造に送られた。1978年に名誉回復とともに党籍を回復し,1984年中国科学技術大学副校長に任命された。1986年アメリカ合衆国のプリンストン大学客員研究員として留学。帰国後上海交通大学,北京大学などで講演し,政治の民主化や西洋化を提唱し,共産党のイデオロギーや権力腐敗を厳しく批判した。1987年ブルジョア自由化を主張し学生運動をあおったとして党籍剥奪と副校長解職の処分を受け,北京天文台に左遷されたが,この頃から「中国のサハロフ」と呼ばれた。1989年1月書簡で反革命罪で投獄されている魏京生らの政治犯釈放を鄧小平に直訴。同1989年6月の天安門事件後にアメリカ駐北京大使館に亡命した。1990年アメリカと中国の交渉の結果,病気治療の理由でイギリスに出国した。その後,プリンストン大学客員研究員,アリゾナ大学教授を務めた。 (引用元 コトバンク)

「方励之」と関連する人物(故人)