訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

雷門小福 氏

落語家[日本]

2012年 4月7日 死去咽頭がん享年77歳

雷門 小福(かみなりもん こふく、1934年4月21日 - )は、愛知県名古屋市生まれの落語家である。
本名:中島 捨男(なかしま すてお)。

落語の世界に入って以来、ずっと地元名古屋を拠点としており、東京・大阪の業界団体には入らず、自前の芸能事務所を立ち上げ、独自路線を歩む。
大須演芸場を定席とする。

1952年2月:三遊亭小圓歌 (渡辺一博) 初代三遊亭小円歌現在の三遊亭小円歌とは異なり、1950年代に名古屋に在住していた噺家である。
門下入門。
島 一声(しま いっせい)を名乗る。

1954年2月:関東大震災を契機に名古屋へ移り住んでいた雷門福助 (初代) 初代雷門福助門下に移籍。
雷門小福を襲名。

1960年3月:芸能事務所・小福プロを設立。
以降名古屋を中心に活動。

雷門小福さん(かみなりもん・こふく、本名中島捨男=なかしま・すてお=落語家)7日午前9時30分、咽頭がんのため名古屋市の病院で死去、77歳。同市出身。葬儀は9日午前9時から同市北区瑠璃光町3の12の平安会館名古屋斎場で。喪主は長女松尾多佳子(まつお・たかこ)さん。

題名
噺家根問―雷門小福と桂小文吾
著者
瀧口雅仁
発売元
彩流社
発売日
2007-11
新品価格
¥ 2,700 より
中古商品
¥ 1,800 より