訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

信西

平安時代の貴族、学者、[日本]

(俗名・高階通憲、平治元年12月13日没)

(ユリウス暦) 1160年 1月23日 死去自害享年歳

信西 - ウィキペディアより引用
『藤原通憲』より : 信西(しんぜい、嘉承元年(1106年) - 平治元年12月13日(1160年1月23日))は、平安時代後期の貴族、学者、僧侶。
信西は出家後の法名、号は円空、俗名は藤原 通憲(ふじわら の みちのり)、または高階 通憲(たかしな-)。
藤原南家貞嗣流、藤原実兼の子。
正五位下、少納言。
通憲(信西)の家系は曽祖父・藤原実範以来、代々学者(儒官)の家系として知られ、祖父の藤原季綱は大学頭であった。
ところが、天永3年(1112年)に父・実兼が蔵人所で急死したため、7歳の通憲は縁戚であった高階経敏の養子となる。
高階氏は院近臣・摂関家の家司として活動し、諸国の受領を歴任するなど経済的にも裕福だった。
通憲は高階氏の庇護の下で学業に励み、父祖譲りの才幹を磨き上げていった。
保安2年(1121年)頃には、高階重仲(養父・経敏とははとこの関係)の女を妻としている。
通憲は鳥羽上皇第一の寵臣である藤原家成と同年代で親しい関係にあり、家成を介して平忠盛・清盛父子とも交流があったとされる。