訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ヴィタリー・ウォロトニコフ 氏

政治家、元首相[ロシア]

2012年 2月20日 死去享年86歳

ヴィタリー・イワノヴィチ・ウォロトニコフ(ヴォロトニコフ、ボロトニコフ、ロシア語: Виталий Иванович Воротников、ラテン文字転写の例:Vitaly Ivanovich Vorotnikov、1926年1月20日 - 2012年2月20日)は、ソビエト連邦の政治家。
ロシア人。
ミハイル・ゴルバチョフ時代初期にロシア・ソビエト連邦社会主義共和国閣僚会議議長(首相)を務めた。
来歴・人物 クイビシェフ(現サマーラ)航空技術大学を卒業し、クイビシェフ州第一書記を経て、1971年ヴォロネジ州第一書記となる。
レオニード・ブレジネフ書記長時代の1975年ロシア共和国第一副首相となるが、1979年キューバ大使に転出する。
このときにソ連共産党中央委社会主義国連絡部長であったユーリ・アンドロポフとつながりを持ったとされる。
1982年6月クラスノダール地方第一書記に任命される。
前任のクラスノダール地方第一書記セルゲイ・メドゥノフは、ブレジネフ書記長の友人で大規模なキャビア取引汚職事件に関与して1982年春に解任されていた。

↑ PAGE TOP