芸能人・経営者のおくやみ情報

レナート・ドゥルベッコ 氏

ウイルス学者、ノーベル生理学・医学賞受賞者[イタリア]

2012年 2月19日 死去享年97歳

レナート・ドゥルベッコ - ウィキペディアより引用

レナート・ドゥルベッコ(Renato Dulbecco、1914年2月22日 - 2012年2月19日)はイタリア出身のウイルス学者。
アメリカ・イギリスなどで活動しているため、英語風にリナート・ダルベッコと呼ばれることも多い。
腫瘍ウイルスの研究により1975年度ノーベル生理学・医学賞受賞者の1人となった。
カラブリア州カタンザーロ生まれ。
トリノ大学でジュゼッベ・レーヴィに医学を学び、研究生活に入る。
ここでサルヴァドール・ルリアとリータ・レーヴィ=モンタルチーニに会い親交を結んだ。
1940年第二次世界大戦が勃発すると軍医として召集されてフランス・ロシアの前線に派遣され、負傷した。
ファシスト政権崩壊後はレジスタンス運動に参加した。
戦後研究を再開したが、まもなくレーヴィ=モンタルチーニとともにアメリカへ渡り、ルリアとともにインディアナ大学(ブルーミントン)でバクテリオファージの研究を始めた。
1949にカリフォルニア工科大学に移ってマックス・デルブリュックのグループに加わった。
さらにここで動物ウイルス、特に腫瘍ウイルスの研究を始めた。