芸能人・経営者のおくやみ情報

木戸幸一 氏(きどこういち)

政治家、侯爵[日本]

1977年 4月6日 死去胆汁性肝硬変享年89歳

木戸幸一 - ウィキペディアより引用

木戸 幸一(きど こういち、1889年7月18日 - 1977年4月6日)は、日本の官僚、政治家。
侯爵。
昭和天皇の側近の一人として東條英機を首相に推薦するなど太平洋戦争前後の政治に関与した。
敗戦後にGHQによって戦争犯罪容疑で逮捕され、東京裁判において終身刑となったが後に仮釈放された。
生涯 生い立ち 1889年7月18日に東京赤坂において侯爵木戸孝正の長男として生まれた。
父の木戸孝正は、明治の元勲である木戸孝允の妹治子と長州藩士来原良蔵の長男である。
学習院高等科では原田熊雄、織田信恒などと同級だった。
近衛文麿は1学年下にあたる。
「学習院高等科から出た者は、東京の大学が満員だから全部京都大学へ行けというような話」があり、木戸、原田、織田は京都帝国大学法科大学政治学科に入学し、河上肇に私淑した。
同校卒業後は農商務省へ入省した。
農商務省が農林省と商工省に分割の際は、商工省に属することとなる。
公職入り 1915年に農商務省に入り、工務局工務課長、同会計課長、産業合理局部長などを歴任する。

(1889-1977) 宮中政治家。東京生まれ。木戸孝允の養孫。京大卒。1940年(昭和15)内大臣。41年東条を近衛の後継主班に推挙。太平洋戦争末期、国体護持のため聖断によるポツダム宣言受諾を実現。A級戦犯、終身刑。1955年仮釈放。「木戸幸一日記」は戦時期の宮中秘史として貴重。 三省堂提供「大辞林 第二版」より (引用元 Hatena Keyword)