芸能人・経営者のおくやみ情報

袁世凱

中国・清朝の軍人、政治家[中国]

1916年 6月6日 死去享年58歳

袁世凱 - ウィキペディアより引用

袁 世凱(えん せいがい、1859年9月16日(咸豊9年8月20日) - 1916年6月6日)は中国清末民初期の軍人・政治家。
北洋軍閥の総帥。
大清帝国第2代内閣総理大臣を務めたが、清朝崩壊後は第2代中華民国臨時大総統、初代中華民国大総統に就任。
一時期中華帝国皇帝として即位し、その際に使用された元号より洪憲皇帝と呼ばれることもある。
字は慰亭(いてい)、号は容菴(ようあん)。
清朝末期の軍人として陸軍の近代化を進める役割を担いつつ台頭し、彼自身が作り上げた軍事力を背景に政治的にも大きな権力を振るい、欧米諸国では彼のことを「ストロング・マン」と呼んだ。
その後一時失脚するが、辛亥革命の混乱の中で朝廷と孫文ら革命派との間で巧みに遊泳し、中華民国大総統となり、革命派を弾圧するとともに、インフラ整備や軍備の充実などの面から国家の近代化に当たった。
さらに一時皇帝に即位したが、内外の反発を買って退位、失意のうちに没した。
精力絶倫で、一妻九妾との間に17男14女をもうけた。
長男の袁克定は、吉野作造が家庭教師を務めた。
父を補佐し、辛亥革命や、袁世凱の皇帝即位などにおいて数々の策謀を巡らせたとされる。

えんせいがいYuanShi-kai;YüanShih-k`ai [生]咸豊9(1859).河南,項城[没]1916.6.6.北京中国の軍人,政治家。北洋軍閥の巨頭。大郷紳の家に生れた。朝鮮に派遣され,甲申の変(1884)以後は朝鮮の内治,外交を支配した。日清戦争後,帰国して新軍創建に従事,光緒24(98)年の戊戌の政変に際し光緒帝を裏切り,同25年山東巡撫となり義和団(→義和団事変)を鎮圧。同27年,直隷総督兼北洋大臣に就任,清朝最大の実力者の一人となったが清廷貴族にねたまれ,同33年軍機大臣に転じられ,宣統1(1909)年引退させられた。同3年,辛亥革命が起ると内閣総理大臣に起用され,1912年宣統帝を退位させ,中華民国臨時大総統となる。次いで国民党を弾圧,13年正式大総統就任。国会解散で独裁を強化,16年みずから皇帝と称したが,反乱拡大のため帝制実施を断念。まもなく急死した。 (引用元 コトバンク)