芸能人・経営者のおくやみ情報

歌川国芳(うたがわくによし)

浮世絵師[日本]

(文久元年3月5日没)

1861年 4月14日 死去享年65歳

歌川国芳 - ウィキペディアより引用

歌川 国芳(うたがわ くによし、寛政9年11月15日(1797年1月1日) - 文久元年3月5日(1861年4月14日))は、江戸時代末期の浮世絵師。
生涯 画号は一勇斎。
江戸時代末期を代表する浮世絵師の一人であり、画想の豊かさ、斬新なデザイン力、奇想天外なアイデア、確実なデッサン力を持ち、浮世絵の枠にとどまらない広範な魅力を持つ作品を多数生み出した。
寛政9年(1797年)、江戸日本橋本銀町一丁目(現在の東京都中央区日本橋本石町四丁目あたり)に生まれる。
父は京紺屋(染物屋)を営む柳屋吉左衛門。
幼名は井草芳三郎。
後に孫三郎。
風景版画で国際的に有名な歌川広重とは同年の生まれであり、同時代に活動した。
一勇斎、朝桜楼(ちょうおうろう)、採芳舎(さいほうしゃ)と号す。
三囲神社碑文によれば、国芳は幼少期から絵を学び、7、8歳で北尾重政の『絵本武者鞋』や北尾政美の『諸職画鑑』を写し、12歳で描いた「鍾馗提剣図」を初代歌川豊国(1769年 - 1825年)が目に留め、文化8年(1811年)に15歳で入門したという。

うたがわくによし [生]寛政9(1797).11.15.江戸[没]文久1(1861).3.5.江戸江戸時代後期の浮世絵師。1世歌川豊国の門人。俗称は井草孫三郎。号は一勇斎,朝桜楼,採芳舎。武者絵で有名。洋風画の明暗法や遠近法を応用した風景画にすぐれる。主要作品『東都名所』(1834頃),『源頼光公館土蜘作妖怪図』(43),『大物之浦,平家之怨霊』(50頃),浅草寺本堂額『浅茅原一つ家之図』(55)。 (引用元 コトバンク)