芸能人・経営者のおくやみ情報

井上円了(いのうええんりょう)

仏教哲学者、教育家[日本]

1919年 6月6日 死去享年62歳

井上円了 - ウィキペディアより引用

井上 円了(いのうえ えんりょう 井上圓了、1858年3月18日(安政5年2月4日) - 1919年(大正8年)6月6日)は、仏教哲学者、教育家。
多様な視点を育てる学問としての哲学に着目し、後に東洋大学となる哲学館を設立した。
また、迷信を打破する立場から妖怪を研究し『妖怪学講義』などを著した。
「お化け博士」、「妖怪博士」などと呼ばれた。
1858年(安政5年)、越後長岡藩領の三島郡来迎寺村(現・新潟県長岡市、合併前は新潟県三島郡越路町)にある真宗大谷派の慈光寺に生まれる。
父は円悟、母はイク。
16歳で長岡洋学校に入学、洋学を学ぶ。
1877年(明治10年)、京都・東本願寺の教師学校に入学。
翌年、東本願寺の国内留学生に選ばれて上京し、東京大学予備門入学。
その後東京大学に入学し、文学部哲学科に進んだ。
1885年(明治18年)に同大学を卒業し、著述活動を開始する。
また、哲学普及のため、哲学館(本郷区龍岡町、現在の文京区湯島にある麟祥院内。
その後哲学館大学を経て現在は東洋大学として現存)および哲学館の中等教育機関として京北中学校(第二次世界大戦後に東洋大学から独立、学校法人京北学園となり、現在は東洋大学の附属校)を設立する。

哲学者・心理学者・仏教者・妖怪博士(1858-1919) 東洋大学の創始者。 * (引用元 Hatena Keyword)

「井上円了」と関連する人物(故人)