訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

チャールズ・ライエルCharles Lyell

地質学者[イギリス]

1875年 2月22日 死去享年79歳

チャールズ・ライエル - ウィキペディアより引用
初代准男爵、サー・チャールズ・ライエル(Sir Charles Lyell, 1st Baronet、1797年11月14日 - 1875年2月22日)はスコットランド出身の地質学者、法律家。
『地質学原理』の著者として知られ、近代的地質学の基礎となる斉一説を広めた人物。
チャールズ・ダーウィンの友人でもあり、彼の自然淘汰説の着想にも影響を与えた。
1797年、スコットランドのアンガス、Kinnordy で、10人兄弟の長男として生まれた。
ライエルの父(同じく"チャールズ"という名である)は、植物学をたしなんでおり、幼きライエルに最初に自然の研究というものを示してみせた。
ライエルは少年期をイングランドのニューフォレスト (New Forest) のバートリー・ロッジ (Bartley Lodge) で過ごし、自然界に対して大いに興味を抱くことになった。
オクスフォード大学の Exeter College に通い、地質学と出会い、ウィリアム・バックランドの指導のもと、熱心に打ち込んだ。
題名
ライエル 地質学原理〈上〉 (科学史ライブラリー)
著者
チャールズライエル
発売元
朝倉書店
発売日
2006-12-01
新品価格
¥ 5,292 より
中古商品
¥ 3,100 より

↑ PAGE TOP