芸能人・経営者のおくやみ情報

サラ・バーク 氏

フリースタイルスキー女子ハーフパイプ選手[カナダ]

2012年 1月19日 死去練習中の事故享年29歳

サラ・バーク - ウィキペディアより引用
サラ・ジーン・バーク (Sarah Jean Burke、1982年9月3日 - 2012年1月19日)は、カナダの女子フリースタイルスキー・ハーフパイプ選手。
Winter X Gamesにて4度優勝する。
2012年1月10日、米国ユタ州のスキー場で練習中に転倒、頭蓋内出血、心肺停止で危篤状態となり、同年1月19日に死亡した。
夫は14歳のときに知り合ったフリースキーヤーロリー・ブッシュフィールド。
また選手の傍らフリースタイルスキーハーフパイプのオリンピック競技の採用に尽力、2014年からソチオリンピックの競技に正式に採用された。
ソチオリンピックではフラワーセレモニーの表彰台でメダリストたちが天に向かってハートマークのポーズを見せ追悼の意を表した、またパイプコース整備スタッフもハートマークで列を組んで滑走した。
試合後には金メダリストのマディー・ボーマンが「サラ・バークは私たちと共にここにいる」「スキーに全力で打ち込み、自分のやっていることを愛し、自分の人生を愛するという永久の遺産を彼女は残した」とコメントを残している。