芸能人・経営者のおくやみ情報

胡桃沢耕史 氏

作家[日本]

1994年 3月22日 死去多臓器不全享年70歳

胡桃沢 耕史(くるみざわ こうし、1925年4月26日 - 1994年3月22日)は日本の作家。
本名は清水 正二郎。
海外を舞台にした冒険小説や、ユーモア推理小説で人気を博した。
東京府南葛飾郡(現在の東京都墨田区)生まれ。
東京府立第六中学校(現在の東京都立新宿高等学校)から拓殖大学商学部卒業。
趣味はバイクツーリング。
高校時代から作家を志す。
1942年に拓殖大学中国語科に入学。
この年に「(戦時中で食料が不足しているため)肉が食べたい」という理由で単独で満州へ密入国し3年間の放浪生活を送る。
1945年に現地で召集を受けて、混成第八旅団で特務機関員として活動、終戦後はシベリアで抑留生活を送った。
1947年に帰国し大学を卒業、1949年に抑留体験をもとにした作品を執筆、東映でシナリオライターとなった後、放浪生活を送る。
1953年からNHKプロデューサーとなり、1955年に「清水正二」名義で中央アジア探検を舞台にした『壮士再び帰らず』で第7回オール讀物新人賞を受賞し、作家専業となる。

作家。東京生まれ(1925〜1994)。 昭和30年「壮士再び帰らず」で、第7回オール読物新人賞を受賞。昭和58年「天山を越えて」で、第36回日本推理作家協会賞、長篇賞を受賞。さらに同年「黒パン俘虜記」で、第89回直木賞を各々受賞。他に「旅人よ」など、独特な色彩を放つ作品が多い。 「翔んでる警視」シリーズは、直木賞受賞後、新規に独自の路線を築き、大ベストセラーとなった作品である (引用元 Hatena Keyword)