訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

堀本律雄 氏

プロ野球選手、解説者[日本]
2012年 1月14日 死去肺炎享年76歳
堀本 律雄(ほりもと りつお、1935年1月20日 - 2012年1月14日)は、大阪府出身のプロ野球選手(投手)、野球指導者、野球解説者、野球評論家。
来歴・人物 桃山学院高から立教大学に入学するが、杉浦忠の控え投手であった。
大学卒業後、社会人野球の日通浦和に入部。
1957年の第28回都市対抗野球大会では、決勝戦で熊谷組に敗れたが、3勝を挙げて久慈賞を獲得。
1960年、読売ジャイアンツへ入団。
前年の主戦投手であった藤田元司や安原達佳が故障などで満足に投げられない中、サイドスローからの小気味よい投法で、新人ながら一躍エースとなり、29勝18敗・防御率2.00(リーグ2位)を挙げて、最多勝・沢村賞・新人王のタイトルを獲得。
この年は大洋がセントラル・リーグを制し、巨人は2位に終わったが、もしリーグ優勝していれば最優秀選手の有力候補であった。
前年の酷使がたたって1961年は11勝に終わるが、南海との日本シリーズで2勝を挙げて最優秀投手賞を獲得している。
また、両年ともオールスターゲームに選出されている(1960年は出場辞退)。

堀本 律雄氏(ほりもと・りつお=プロ野球元巨人投手)14日午前8時30分、肺炎のため横浜市内の病院で死去。76歳。大阪府出身。故人の希望により葬儀は家族で済ませた。 大阪・桃山学院高から立教大、日本通運浦和を経て、60年に巨人入団。同年に29勝(18敗)を挙げ、最多勝、新人王、沢村賞を獲得。63年に大毎(現ロッテ)に移り、65年に引退。通算成績は63勝59敗、防御率2.82。大洋、横浜、日本ハムで投手コーチを務めた。 

題名
プロ野球ケンカがなければつまらない―管理野球をブッとばせ!
著者
堀本律雄
発売元
曙出版
発売日
1985-05
新品価格
より
中古商品
¥ 1,980 より

↑ PAGE TOP