訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

マラム・バカイ・サニャ 氏

ギニアビサウの政治家大統領政治学者[日本]
2012年 1月9日 死去享年64歳
マラム・バカイ・サニャ - ウィキペディアより引用
マラム・バカイ・サニャ(Malam Bacai Sanhá、1947年5月5日生)はギニアビサウの政治家、政治学者。
現在、同国の大統領。

1999年5月14日から2000年2月17日まで、大統領代理を務める。
2009年の6月~7月に行われた大統領選挙にて、次期大統領に当選し、同年9月8日に就任している。

サニャは、ギニア・カーボベルデ独立アフリカ党の古くからの党員であり、ガブ州およびビオンボ州知事、各種大臣を歴任し、1994年に国民議会議員となる。
内戦によってジョアン・ヴィエイラ大統領が亡命した後、大統領選挙が実施されるまでの大統領代理に指名された。

1999年11月28日に実施された大統領選挙の一次投票ではサニャは23.37%の得票率で2位であった。
2000年1月16日の決選投票ではクンバ・ヤラ候補の72.0%に対して、サニャは28.0%しか得票できなかった。

↑ PAGE TOP