芸能人・経営者のおくやみ情報

上田馬之助 氏(うえだうまのすけ)

プロレスラー[日本]

2011年 12月21日 死去呼吸不全享年71歳

上田 馬之助(うえだ うまのすけ、1831年(天保2年) - 1890年(明治23年)4月1日)は、日本の武士(肥後新田藩藩士)、剣術家(鏡新明智流)、警察官。
諱は美忠(よしただ)。
遠江国浜松藩出身の新選組隊士、上田馬之助は同姓同名の別人である。
上田馬之丞、上原馬之介、植原右馬之助等も新選組の上田馬之助の別名である。
生い立ち 肥後熊本新田藩細川氏の家中に生まれる。
藩主が江戸定府であったことから江戸を出生地としている。
剣術修行 鏡心明智流士学館(4代目桃井春蔵)に入門し、頭角を現す。
坂部大作、久保田晋蔵、兼松直廉とともに桃井の四天王と謳われ、士学館の筆頭的存在になった。
1855年(安政2年)5月24日、桃井に随行して、久留米藩士松崎浪四郎と築地の岡藩江戸藩邸で試合した。
師の桃井は松崎に敗れ、上田は引き分けた。
このとき松崎は「馬之助儀殊之外力量御座候」と書き記している。
薩摩へ廻国修業中、日向で天自然流の吉田某と立ち合うことになったが、吉田の流儀は面・籠手だけで胴をつけていなかった。

上田 馬之助氏(うえだ・うまのすけ、本名裕司=ひろし=元プロレスラー)21日午前10時7分、大分県臼杵市の病院で死去、71歳。愛知県弥富市出身。葬儀は24日午後1時から臼杵市市浜堂尻1126の玉泉院臼杵会館で。喪主は妻恵美子(えみこ)さん。 大相撲から1960年にプロレス入り。長髪をまだらに染めていたことから「まだら狼」や「金狼」などと呼ばれ、悪役レスラーとして人気を博した。 (2011/12/21-21:21)

「上田馬之助」と関連する人物(故人)