芸能人・経営者のおくやみ情報

田宮博 氏(たみやひろし)

理学博士、微生物学者[日本]

1984年 3月20日 死去享年82歳

田宮 博(たみや ひろし、1903年(明治36)1月5日 - 1984年(昭和59)3月20日)は、理学、植物博士。
微生物学者。
大阪市出身。
医学者の田宮猛雄の弟。
1926年(大正15)東京帝国大学(理学部植物学教室)卒。
1943年(昭和18)東京帝大教授(理学・植物学) 1946年(昭和21)財団法人徳川生物学研究所所長に就任。
1955年(昭和30)東京大学応用微生物研究所教授。
1961年(昭和36)東京大学応用微生物研究所所長。
1963年(昭和38)「光合成微生物クロレラの研究」により藤原賞受賞。
1965年(昭和40)「同調培養によるクロレラの生理ならびに生化学的研究」により日本学士院賞受賞。
1970年(昭和45)日本学士院会員。
1977年(昭和52)「細胞生理化学分野の功績」により文化勲章受章。
文化功労者。
1984年(昭和59)3月20日逝去。
享年81。
関連項目 中村浩。

たみやひろし [生]1903.1.5.大阪[没]1984.3.20.東京生理化学者。1926年東京大学植物学科卒業。ドイツ,フランスに留学後,39年同大学助教授,43年教授。植物生理学,細胞生理学,微生物について研究し,特に光合成の研究で世界的な評価を得た。クロレラの新しい培養法の開発はこの研究を発展させたものである。退官後は徳川生物学研究所所長として後進を育成した。73年文化勲章受章。 (引用元 コトバンク)

「田宮博」と関連する人物(故人)